Twitter 公式サイト「気を考える」 改編・改題


「気の世界への旅たち」(改題)

並木克敏


Twitter公式サイト http://twitter.com/#!/mikenekobusu







2011年の正月元旦より新しい年に願いを込めて Twitter (ツイッター) で「

つぶやき」を始めました。当初は, 「バーチャル気功道場」や「リアル教室」で

の内輪の話, 私の周りの些細な出来事, そして気や気功についての私の想

いを徒然ままに語りたいと思っていました。ところが, 私の性格なのでしょう

が, 徒然ままに書くということができず, 次第に「気と気功を科学する」という

テーマに傾いてきました。最近になって, 「NHK科学文化部」がフォローして

くれるようになったことですし, このまま「気と気功」を日常の生活からやさし

く科学するを続けることにしました。さらについ最近では, 糸井重里氏やホリ

エモン氏, 「朝日新聞社社会部」と「NHK生活情報部」がフォローしてくれまし

た。「バーチャル気功道場」や「リアル教室」での内輪の話などは「リアル教

室便り」を参照して下さい。


【 改題「気の世界への旅たち」について 】

この「一指禅功日本リアル教室」のホームページでは, Twitter 公式サイト

の 「気を考える」を, 読者の方が読みやすいように時系列で改編し, 題名を

「気の世界への旅たち」としました。「Twitterつぶやき」ではなく, 物語性の

ある「エッセイ」としたいためです。





Twitterの画面です

並木克敏バーチャル気功道場

@mikenekobusu 東京江戸川区



並木克敏です。一指禅功の気功教室を主宰しています。この教室は

健康の維持と病気の回復を目的とした内気功を扱っています。外気

療法を目的とした外気功は「バーチャル気功道場」の通信教育講座

があります。


http://issizen.michikusa.jp/index.html









                          「気の世界への旅たち」 目次


  第1章 プロローグ 気と霊についての独り言 (001)〜(015)

  第2章 科学とはこの世の事象を法則化したもである (016)〜(026)


  第3章 科学はこの世の全てを証明し尽した訳ではない (027)〜(036)

  第4章 科学的世界と人間の生き方とはストレートにつながらない (037)〜(046)

  第5章 「どう生きたいのか」の問いは「何をしたいのか」である (047)〜(059)

  第6章 社会的な肩書きを失えば, みんなみんな「ただの人」である (060)〜(072)

  第7章 「過去と未来」「希望と欲望」を一瞬に消し去るものとは (073)〜(075)

  第8章 運動は, 寿命を伸ばすのか縮めるのか それが問題だ (076)〜(085)

  第9章 厚労省推奨 一日一万歩のウォーキング健康法とは (087)〜(097)

  第10章 東洋の健康法 非日常世界での鍛錬法 気功とヨーガ (098)〜(105)

  第11章 気功 知っているだけの人と, 実際に鍛錬する人との間の壁 (106)〜(113)

  第12章 気功=「プラシーボ効果」説 気功師=「早老・早死」説 (114〜120)

  第13章 日常生活において人と人との間に横たわる理解困難な壁 (121〜126)

  第14章 実践者と傍観者との間の壁 それは単純な事実にあった (127〜132)

  第15章 日常生活における「プラシーボ効果」とは (133〜138)

  第16章 気功の鍛錬時における「プラシーボ効果」とは何か (139〜)





バーチャル気功道場



気を考える (139) プラシーボ効果を「暗示と思い込み」とするならば,

日常生活の中だけでなく, 気功の鍛錬過程でも, この効果を大いに利

用しているのである。それは, ほとんどの流派がそうであるように, 鍛錬

する上での大原則である調身・調息・調心という「三調技術」の中に見

られるのだ。


2017年00月00日 お気に入り 返信 削除




バーチャル気功道場



気を考える (140) 気功を経験したことまない人のために, 「三調技

術」について簡単に解説すると, 「調身」は正しい姿勢と動作, 「調息

」は呼吸法, 「調心=意念」は意識の持ち方ということになる。ほとん

どの流派は, この三つの組み合わせによって, トレーニング法(功法)

が作られている。


2017年00月00日 お気に入り 返信 削除





バーチャル気功道場



気を考える (141) プラシーボ効果を「暗示と思い込み」とするなら

ば, 気功の「三調技術」のうち調心=意念=意識は, プラシーボ効果

そのものである。ほとんどの流派で, この「プラシーボ効果」を利用し

なければ, 気功の鍛錬法は成立しえない。世間で云うほど, プラシー

ボ効果は悪者ではないのである。


2017年00月00日 お気に入り 返信 削除





バーチャル気功道場



気を考える (142) 気功と云うと, 手を触れずに相手を動かす外気導

引や, 怪しげな気功治療などを思い浮かべるが, それは結果としての

産物であって, 非日常的な世界で行う特殊な鍛錬法こそがキモなので

ある。すべての原点である鍛錬法から, 気功と「プラシーボ効果」と

の関係を具代的に探ってみたい。


2017年00月00日 お気に入り 返信 削除






バーチャル気功道場



気を考える (143) 気功の「調心=意念」が, 「プラシーボ効果=暗示と

思い込み」に, どのように関係しているかを最も単純な例として, 「三線

放松功」で点検してみる。 「放松」とはリラックスの意味で, 心身共に

リラックスさせる功法を指し, 心身症, 冠状動脈硬化, 高血圧症など

に効果があるとされている。


2017年00月00日 お気に入り 返信 削除




バーチャル気功道場



気を考える (144) 「三線放松功」は立式の姿勢で, 頭頂⇒頭の両側

⇒首の両側⇒両肩⇒両腕⇒両手という各バーツをつなげた線を描き,

この部分を順次リラックスさせていく方法である。一つのパーツでは,

呼気のとき意念を使いながらリラックスを心に浮かべ, そして吸気の

とき次のバーツへ意識を移動させる。


2017年00月00日 お気に入り 返信 削除






トップページに戻る